文化・レクレーション

第28回文化講演会を開催しました(2018.12.1)

偉人西郷隆盛~「敬天愛人」に秘めた思い~

第28回文化講演会・忘年会(12/1・鹿児島市)

 

 鹿児島市のホテルリブマックス鹿児島で文化講演会・忘年会が開催された。講師には、昨年に引き続きNPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会代表理事の東川隆太郎氏を迎え、ご講演いただいた。

 西郷といえば、「敬天愛人」の言葉が思い浮かぶが、自身としては「体調不良」という言葉がまず思い浮かんでしまうと語る東川氏。西郷は激動の時代を過ごし、色々な人に気配りする人物だった為にストレスをため、かなり体調を悪くしてしまったとのこと。下野して鹿児島に戻ると、対人関係を遮断するかのように人知れず温泉三昧の日々を過ごしたと、晩年の西郷の体調を気遣われた。

 東川氏はNHK大河ドラマ「西郷どん」の制作スタッフとしても関わっており、クライマックスを迎え盛り上がりを見せている「西郷どん」の裏話や、あくまでも「ドラマ」である「西郷どん」の史実と異なる部分と史実との違い等、詳しく解説された。分かりやすく、ときにユーモアを交えて話をされ、笑いの絶えない講演会となり、参加者からも好評であった。

 その後に行われた忘年会では、講師の東川氏をはじめご列席いただいた方からの挨拶と、恒例となったお楽しみ抽選会で大いに盛り上がった。              

 

第27回ゴルフ大会を開催しました(2018.11.18)

11月18日(日)鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部松元コースにて第27回ゴルフ大会が開催されました。昨年は寒く強風の中のゴルフでしたが、今年は11月とは思えないほど暖かく穏やかな天気でした。日ごろお世話になっている生保の方々や協会の先生方、ご家族の方々が集い、楽しいゴルフ大会となりました。優勝は福冨博先生で実力を遺憾なく発揮してグロス78の素晴らしいスコアでした。また参加者の中で唯一女性の椎野美由紀さんが7番ホールで2打目が直接カップインするイーグルをとる快挙を達成されました。今年は18名と例年より参加者が少なかったので、来年は日程を考慮し、より多くの会員の方に参加していただきたいと思います。

日帰りバスツアーを開催しました(2018.10.28)

地質を通じて鹿児島の素晴らしさを再発見 日帰りバスツアー(10/28)

  今年も大木公彦鹿児島大学名誉教授に案内人をお願いし、「吉野台地の地形地質の恵みと鹿児島城下の構築」と題して日帰りバスツアーを開催した。

 当日は、関吉疎水溝、寺山炭窯跡、福昌寺、石橋公園、一丁台場、城山等を訪問した。鹿児島は目の前には活火山の桜島、米が育ちにくいというシラス台地、まわりは崖だらけという城下町を作るには向いてなさそうな土地である。弱点とも思える土地の特徴を利用して明治維新の原動力となったこの城下町がいかに作られていったのかが訪問地を通して分かる内容となっており、非常に興味深かった。

 鹿児島に住んでいながら、知らないことばかりであることに気づかされるとともに、大木先生の解説を聞きながら、素晴らしい土地であることに誇りを持てた一日だった。