共済制度

保険医協会の共済制度

 ※ここに記載してある内容は概要です。

  詳細は保険医協会事務局までお問合せください。 

 保険医のための生命保険 -グループ生命保険

【制度普及期間:2018/1/4~2/15:2018/4/1加入】

※以降は新規加入のみ2018/11/20まで受け付け

 鹿児島県内で1000名超が加入されてます。

 剰余金が出たら配当金もあります。

 1~2月制度普及期間

 それ以降11月20日まで新規加入随時受付

・割安な保険料で大きな保障。

 最高保障額は、4,000万円(65歳以下)です。
・配偶者、お子様もセット加入できます。75歳まで継続加入可能(1,000万円限度)。
・保険料は掛捨てですが、

 毎年の収支決算で剰余金が出れば配当金として還付。

 

 明日のための安心設計 -保険医年金

【制度普及期間:2018/4/1~6/25】※2018/9/1加入

【秋期加入受付期間:2018/9/1~10/25】※2019/1/1加入

 40年の実績で全国で約5万3千人が加入し、

  積立金総額1兆2千億円超 日本有数の私的年金。

 4~6月・9~10月の年2回加入受付。

 予定利率1.259%(2018年9月1日現在)

 配当があれば上乗せ(2017年度0.097%)

 ・月払は最高30口(30万円)まで、

  一時払は毎回40口(2千万円)まで加入できます。
 ・加入5年以上で「年金」として受給可能、

  受け取り方は10年、15年、20年の確定型・逓増型など4種類。
 ・資金が必要な時には「一時金」として受取ることもできます。
 ・払込困難な時には一時中断もでき、

  ライフプランにあわせて自由自在に設計できます。


 もしものときの安心 ― 医師賠償責任保険

【2018年12月1日より1年間の補償期間

:2017/10/31まで加入受付】以降は年度途中での加入を随時受付

 医療上の事故、医療施設の事故の両方を対象とする総合保険

・使用者責任を問われたときは、

 看護師、歯科衛生士などスタッフがおこした事故も対象。
・医療施設事故では食中毒も対象。

◇お支払する保険金の種類
 損害賠償金(治療関係費、慰謝料、休業補償費など)、

 裁判費用、弁護士費用等の争訟費用など
 ※日本医師会の会員や法人での加入はできません。

 

病気や突然のケガのときに -団体所得補償制度

  <2012.4.1加入より取扱い開始>

病気や突然のケガで働けなくなった場合の

 所得を補償します。

地震や噴火、又はこれらを原因とする津波によるケガや、

うつ病などの精神障害による就業不能も補償します。

 

 その他

「保険医がん保険」、「アメリカンファミリー生命の団体割引(個人年金、子供保険除く)」、「会員向け融資制度(みずほ銀行;運転資金・設備資金・住宅ローン・パーソナルローン・クリニックアシスト』、三井住友銀行; 住宅ローン・フリーローン、ソニー銀行;住宅ローン)」も取り扱っております。

 

病気やケガのとき安心 -保険医休業保障共済保険

 2013年3月より募集再開!

【募集期間】2018年4月1日~5月25日

           <2018/8/1加入>

※9/21以降は

未入会員で入会された方等のご加入を受け付けます。

(2019/4/1加入)

詳しくは協会までお問い合わせください。

 ・給付期間は最長730日 

 ・給付内容が豊富

 ・入院でも、自宅療養でも代診をおいても給付

 ・同一疾病でも給付日数限度までは何度でも給付

 ・掛金は満期まで変わりません 

 ・掛け捨てではありません(脱退給付金有)

 ・所得補償との重複受給可

 ・75歳までの長期保障

 ・転出・転勤でも加入継続可能(京都医科協会除く)

 

全国保険医休業保障共済会 

のホームページもご参照ください。 

 

※ご加入ご希望や、お問合せ等ございましたら、

協会までご連絡をお願い致します。

 

※ご加入者の方で、お休みになられたときは協会まで

ご連絡をお願いします。

全国休業保障共済会HP
全国休業保障共済会HP
休保勧誘方針.pdf
PDFファイル 11.5 KB
個人情報に関する基本方針.pdf
PDFファイル 10.6 KB