あなたのクラブでも健康講座を開催してみませんか?
地域の方々の健康増進や医療制度の理解などご希望のテーマに応じ、当会会員(医師・歯科医師)を講師として派遣いたします。(日時等の調整が出来ない場合は、派遣ができないこともありますので、予めご了承ください。)
健康講座チラシ.pdf
PDFファイル 174.0 KB

     ~この間の活動~

乳幼児医療費助成制度改善に向け

三反園知事、塩﨑厚労大臣へ下記要望書を送りました(2016.08.31)

乳幼児医療費助成制度における制度改善表明への期待と要望
三反園知事宛.pdf
PDFファイル 1.4 MB
国民健康保険療養費国庫負担金の調整(減額)廃止を強く求めます
塩﨑大臣宛.pdf
PDFファイル 1.2 MB

乳幼児医療費助成制度改善に向けた、県議会議員、鹿児島市議会議員、小学生以下の子供をもつ保護者へのアンケート結果記者発表(2014年11月26日)


マスコミへの配布資料.pdf
PDFファイル 13.0 MB
2014.11.26アンケート結果記者発表
20141126記者発表報告.pdf
PDFファイル 790.8 KB
希望するすべてのひとが7ワクチンを定期接種で、無料で受けられる制度の実現を求める 要請書を提出
希望するすべてのひとが7ワクチンを定期接種で、無料で受けられる制度の実現を求める
PDFファイル 77.3 KB
国保制度改善に向け~鹿児島市国保課と懇談(6/13)
「国保「資格証明書」の交付を廃止し、正規の国保証の交付を求める要望書」
要望書.pdf
PDFファイル 524.2 KB
奥が協会側
奥が協会側

   2011613日に「国保「資格証明書」の交付を廃止し、正規の国保証の交付を求める要望書」を鹿児島市に提出し当市国保課と約30分に亘り、国保の現状、鹿児島市の対応などについて懇談を行った。

   資格証明書の発行は、滞納1年で即発行はない。まずは、納税相談をお願いしたいとの事であった。また、資格証明書による受診で窓口負担金が支払えない時の対応も意見交換した。国保国庫負担金引上げについては、常々、市長会などを通じ、訴えているとの事であった。

 鹿児島市側参加者:福﨑課長、日髙、中村・原田各主幹、

 協会側参加者:椎野地域医療部長、坪水地域医療部副部長、             

        柳田理事、生川次長、福元主査

国保制度改善に向け~霧島市国民健康保険グループとの懇談 (2011,8,17)

 

 鹿児島市との懇談に引き続き「国保「資格証明書」の交付を廃止し、正規の国保証の交付を求める要望書」を霧島市にも提出し、同市国保グループと約30分に亘り国保の現状、霧島市の対応などについて懇談を行った。

 資格証明書の取扱は、鹿児島市同様滞納1年で機械的に即発行はない。滞納後年に9回以上の督促や、夜間訪問なども行っている。まずは、窓口に納税相談をお願いしたいとの事であった。霧島市では、収納については別に収納課が担っているとのことである。

その他、資格証明書による受診で窓口負担金が支払えない時の対応や国保広域化の問題などについても意見交換した。国保国庫負担金引上げについては、九州の市の会議などを通じ、訴えているとの事であった。

(霧島市側参加者:小野保険年金課長、安栖国民健康保険グループ長など3名協会側参加者:原口副会長、生川次長、福元主査)

「国保国庫負担金の調整(減額)廃止を求める意見書」採択を求める陳情
県が実施している医療費助成制度の支給方法は、「自動償還払い方式(一旦窓口で負担金を支払い後日自動的に助成金が指定の口座に振り込まれる)」である。これを、窓口での支払いが生じない「現物給付方式」に変更すると、国からの国庫負担金が削減されてしまう。当会では、各自治体が実施している、助成制度がさらに住民に喜ばれる現物給付方式に変更しやすくなるよう、県に対し国に意見書をあげるよう陳情を行った。
陳情書(写し).pdf
PDFファイル 363.5 KB
乳幼児医療費県への要請文.doc
Microsoft Word 27.5 KB

 協会では、乳幼児医療費助成制度を改善させるべく、県子ども課に申し入れを行いました。県は、平成22年1月分より県の助成内容が変更になる。助成は1-12月の事業に対するものとなるため1月改定は区切りがよいと考えている。今回は対象年齢引上げが目的であり、低所得世帯には支えになるものと考えている。医師会、歯科医師会、薬剤師会へも案内を行うが、県民向けのポスターの作成などは考えていないと回答しました。

        協会側;坪水地域医療部副部長、有川、森主各理事、事務局

国民健康保険受診実態アンケート

国保無保険アンケマスコミ発表②.doc
Microsoft Word 51.5 KB