共済・税務部

2017年度グループ生命保険 配当金を6/1に送金しました。

「グループ生命保険」2017年度決算の結果
配当率が37.60%となり、6月1日に
配当金を保険料お振替え口座へ、送金事務手数料600円を
控除してお振込みいたしました。
 なお、ご案内・配当金明細を、
被保険者カード(4月1日以降ご加入の方)とともに
5月下旬にお送りしておりますので、
ご確認のほどお願い致します。

保険医年金春期制度普及期間は終了いたしました。

次回は2018年9月1日~10月25日受付(2019年1月1日加入)の予定です

 予定利率は1.259%2017年9月1日現在)

 2016年度は配当がありました(0.102%)

 

明日のための安心設計 先生のライフプランをしっかりサポート

 

◎加入者数約5万4千名、積立金総額約1兆2千億円超

 *ライフプランに合わせた受け取り方ができます。

  加入5年経過で年金として受給可能。

  資金が必要な場合は一時金としても受取可能。

 *掛金の払込中断・再開など柔軟な対応も可能。

 <こつこつ型>月 払1口1万円、30口まで加入可能。

 <まとめて型>一時払:1口50万円、毎回40口まで加入可能。

 *新規は74歳、増口・一時払は79歳までの会員なら加入可能。

 *積立中は非課税。受給時に利息分が課税対象。

 

★これまで年金受給されている方の受給額を減らしたことはありません。
  

ご加入のお申込、お問い合わせ、資料のご請求は
鹿児島県保険医協会までお願いします。

 電話099-254-8662 FAX099-254-8667
 メール
kahokyou@yahoo.co.jp

 

下記のチラシ・申込票をご利用ください。

保険医年金2018年春期ご案内チラシ
2018年金春チラシ.pdf
PDFファイル 947.2 KB

保険医休業保障共済保険

次回募集・2019年8月1日加入 2019年4/1~5/25受付予定。

※募集期間以降は未入会員で入会された方等のご加入を受け付けます。

(12/1または翌4/1加入)

詳しくは協会までお問い合わせください。

もしもの時、頼りになります!

9つのポイント

①給付期間が最長730日

(給付日数500日+長期療養最長230日)の充実保障
②給付内容が豊富(傷病による休業給付、死亡等)
③入院はもちろん、自宅療養、代診をおいても給付
④同一傷病でも、何度でも給付(給付日数500日の範囲内)
⑤75歳までの長期保障
⑥拠出金は加入時のまま上がらず、掛け捨てではありません(※)
(※3年以上加入すれば脱退給付金が給付されます。)
⑦所得補償保険等の加入に関係なく給付
⑧傷病休業給付金等は非課税
⑨転出・転勤でも加入継続(ただし京都医科協会除く)

※現在ご加入の先生方へ!

病気やけがでご休業された場合は、

協会までご連絡をお願いいたします。

 

「大人気!!共済制度」のページ、 

保険医休業保障共済保険

全国保険医休業保障共済会のホームページもご参照ください。

http://hoken-ikyuho.jp/

保険医休業保障共済会HP
保険医休業保障共済会HP

冊子『保険医の経営と税務 2018年版』発行のご案内

 毎年の確定申告にご活用いただく資料として

2月上旬に発行いたします。

 

 本冊子ご希望の会員に

1冊無料で送付させていただます。

(2冊目以降は会員価格として

定価の半額<送料別途>での販売とさせていただきます。)

 

 ※会員のみに送付・販売させていただきます。

 ご注文の際には、必ず会員の先生のお名前をお知らせください。

 

 ご注文は鹿児島県保険医協会事務局まで

   電話099-254-8662 FAX 099-254-8667

   メール kahokyou@yahoo.co.jp

 

 ご希望の方は以下チラシにて協会までお申込みください。

 

「協会の出版物」ページからもお申込いただけます。

保険医の経営と税務2018年度版ご案内チラシ(会員用)
会員氏名を必ず明記ください。
会員は1冊無料とさせていただきます。
経税2018版案内会員.pdf
PDFファイル 811.7 KB

保険医のための生命保険

保険医グループ生命保険

新規加入は11/20までお申し込み可能です。協会までお問い合わせください。

★制度の大きな特長

 ①保険期間は1年毎の自動更新

 ②医師による診査はなく、告知だけでお申込み可能

 ③配偶者・お子様も加入可能

 ④75歳まで継続加入可能

 ⑤税法上の特典あり

 ⑥加入しやすい保険料で万一に備える保障

           (保険料は下記チラシ参照)

 ⑦余剰金が生じた場合、配当金として還元されます。 

       ! 2017年度は37.60%の配当がありました!!

 

◎保険金お支払いでお役に立っております。

 2016年度:8名様に18千万円お支払い

 2017年度:2名様に5千万円お支払い

 

※現在ご加入の先生方へ!

 配偶者・お子様の追加加入、保険金額の増額・減額は

 制度普及期間のみです。

 次回は2019年1/4~2/15に受け付けさせていただきます。。

 

★新規加入のお申込ご希望・資料送付のご希望がございましたら、

以下のチラシ(PDF)をダウンロードし、

必要事項を記載いただき協会へFAXいただくか、

協会または担当生保までご連絡ください。

2018年度グループ生命保険ご案内チラシ
2018年度G保チラシ.pdf
PDFファイル 1.1 MB

※ここに記載されている内容は制度の概要を説明したものです。

詳細はパンフレット等をご参照ください。

※今回期間に制度普及担当に登録されている生保各社の営業員が

訪問することがございますので、よろしくお願い致します。

 引受保険会社:富国生命(幹事)、三井生命、住友生命

冊子「医院経営と雇用管理2016年改訂版」発行のご案内

 表記冊子が保団連より発行されます。

貴院の雇用管理にお役立てください。

 

 本冊子ご希望の会員に

定価1,500円の半額<送料別途>で販売させていただきます。

 

 ※会員のみに販売させていただきます。

 ご注文の際には、必ず会員の先生のお名前をお知らせください。

 

 ご注文は鹿児島県保険医協会事務局まで

   電話099-254-8662 FAX 099-254-8667

   メール kahokyou@yahoo.co.jp

 

 ご希望の方は以下チラシにて協会までお申込みください。

保団連発行「医院経営と雇用管理2016年改訂版」
2016年12月上旬の発行予定です。
2016医院経営雇用管理案内会員.pdf
PDFファイル 462.5 KB

『保険医への税務調査(2013年改訂版)』発行のご案内

 このたび全国保険医団体連合会では
医院への税務調査と対応を分かりやすく解説した
『保険医への税務調査(2013年改訂版)』
9月上旬に発行いたします。
 
 内容は添付ファイル書籍のご案内を
お目通しください。

 ご注文は、添付ファイルの注文表に
会員氏名・医療機関名等ご記載いただき
FAXまたはメールへのご返信をいただくか、
協会までお電話いただきますようよろしくお願い申し上げます。
保険医への税務調査2013年版会員用チラシ
税務調査2013版案内会員.pdf
PDFファイル 18.8 KB

各共済制度のご案内

◆保険医グループ生命保険

次回制度普及期間<2018年4月1日効力開始>

:2018年1月4日~2月15日

その後は11月20日まで新規加入を受け付け。

 鹿児島県内で1000名を超える方が加入されてます。剰余金が出たら配当金もあります。

 1~2月制度普及期間

 それ以降11月20日まで新規加入随時受付

・割安な保険料で大きな保障。最高保障額は、4,000万円(65歳以下)です。
・配偶者、お子様もセット加入できます。75歳まで継続加入可能(1,000万円限度)。
・保険料は掛捨てですが、毎年の収支決算で剰余金が出れば配当金として還付。

 

◆休業保障共済保険制度

 

次回募集期間<2018年8月1日加入>

2018年4月1日~5月25日 =今年より募集は年1回=

             

・給付期間は最長730日 

 ・給付内容が豊富

 ・入院でも、自宅療養でも代診をおいても給付

 ・同一疾病でも給付日数限度までは何度でも給付

 ・掛金は満期まで変わりません 

 ・掛け捨てではありません(脱退給付金有)

 ・所得補償との重複受給可

 ・傷病給付金等は非課税

 

◆保険医年金 

次回お申し込み受付期間<2018年9月1日加入>

:2018年4月1日~6月25日

 

予定利率は1.259%(2017年9月1日現在

今年度は配当がありました。(0.102%)

配当とあわせた運用実績は1.361%


明日のための安心設計

先生のライフプランをしっかりサポート

生保6社に受託、一層のリスク分散

 

◆医師賠償責任保険

9/1~10/31加入受付⇒2017年12月1日より加入

その後は随時加入受付⇒申込日の翌月1日より加入

医療上の事故、医療施設の事故の両方を

対象とする総合保険

 損害賠償金(治療関係費、慰謝料、休業補償費など)、

 裁判費用、弁護士費用等の争訟費用など

 を対象としております。
 ※日本医師会の会員や法人での加入はできません。

 

◆保険医がん保険「Days」  がん保険がリニューアル

加入受付 ⇒「鹿児島保険医新聞9/15号」に

 パンフレットを同封しました。ぜひお目通しください。

  入院も三大治療での通院も日数無制限、

抗がん剤治療は通算1,200万円まで保障。

 

◆団体所得補償制度

  随時加入受付

病気や突然のケガで働けなくなった場合の

所得を補償します。

地震や噴火、又はこれらを原因とする

津波によるケガや、

うつ病などの精神障害による就業不能も補償します。

 

 

ご加入のお申込、お問い合わせ、資料のご請求は
鹿児島県保険医協会までお願いします。
 電話099-254-8662 FAX099-254-8667
 メールkahokyou@yahoo.co.jp

 

「大人気!!共済制度」のページもご参照ください。

保団連会員向け みずほ銀行提携融資制度 「みずほクリニックアシスト」取り扱い開始

保団連ではこのたび診療所経営の会員(個人・医療法人)向けに、運転・設備資金を対象とする新たな融資制度を開始します。

 

    診療所の経営に係る運転資金・設備資金

    診療所を開業予定の方でも利用可能(開業資金も対象)

    融資限度額:5,000万円

    返済期間:10年まで

    適用利率:短期プライムレート連動長期貸出または市場金利連動貸出基準金利を基準とした変動金利

    担保・連帯保証人:原則不要

 (医療法人の場合は原則代表者1名の連帯保証人要)

    保証会社への保証料が別途必要

    手数料:0.2%

 

 

詳しくは協会または全国保険医団体連合会共済部までお問合せください。

鹿児島県選出議員宛に「消費税増税法案提出の中止を求める」要請を実施しました。

 消費税増税法案の提出が迫っていることを受け、鹿児島県選出の衆参国会議員あてに、法案提出の中止を求める要請を実施しました。

201203消費税緊急要請.pdf
PDFファイル 8.0 KB

「団体所得補償保険」のお取扱いを開始しました。

 鹿児島県保険医協会ではこのたび、全国保険医団体連合会

(保団連)を保険契約者とする「団体所得補償保険」制度の

お取扱いを開始しました。

 病気や突然のケガで働けなくなった場合の

所得を補償します。

 地震や噴火、又はこれらを原因とする津波によるケガや、

うつ病などの精神障害による就業不能も補償します。

   

引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社

 

ご加入ご希望、説明ご希望の場合は協会までご連絡ください。

団体所得補償制度のご案内
団体所得補償のご案内.pdf
PDFファイル 122.8 KB

鹿児島県選出与党議員宛に要請「消費税増税法案の策定及び国会上程をしないよう、ぜひご尽力ください」を実施しました。

 年末も押し迫った昨年12月30日に、政府は社会保障と

税の一体改革大綱素案の「政府案」を取りまとめ、

消費税率を2014年4月に8%へ、2015年10月に10%へと

2段階で引き上げることを盛り込みました。

報道によれば今年3月末までに消費税増税関連法案を

国会提出する方針です。

 当会では消費税増税法案策定及び国会上程を行わないことを

求める要請を、12月29日に鹿児島県選出の与党国会議員

5名あてFAXにて実施しました。

   要請書は以下ファイルをご参照ください。

201112消費税増税法案上程阻止要請.pdf
PDFファイル 112.8 KB

「社会保険診療報酬に係る事業税の非課税措置、診療報酬の所得計算の特例措置(4段階税制)の存続求める要請」を実施しました。

 平成24年度税制改正大綱が閣議決定されましたが、

医療機関に関係する表記税制措置について

今回は存続となったものの、

「引き続き検討」「平成25年度税制改正で検討」すると

示されております。

 地域の医療提供体制を維持し、災害時の迅速な医療支援を

可能とする経営力を維持するため、当会では両措置の存続を

求める要請を、12月13日に鹿児島県選出国会議員、

民主党税制調査会役員、衆議院・参議院厚生労働医院委員

103名あてFAXにて実施しました。

 

 要請書は以下ファイルをご参照ください。

事業税非課税・四段階税制存続要請書
201112事業税非課税等要請.pdf
PDFファイル 151.2 KB

♪保険医のための共済制度

 保険医協会では、保険医の先生方のために共済制度を実施しております。

 制度の概要は「共済制度」のページをご参照ください。

 

 「大人気!!共済制度」

♪毎回好評です!保険医協会のマナー講座

 マナー基礎講習会、電話応対セミナーを春と秋に開催し、

多数の方にご参加をいただいております。
 
 グループワークや実技を採りいれた内容で
「楽しかった」「勉強になった」等々大変好評を博しております。
 鹿児島市内だけでなく、地方でも開催しています。
(2015年度:姶良市、2014年度:鹿屋市)  
 
 写真は、2015年度開催の模様です。
マナー講座:お辞儀の実習はいつも行われています。
マナー講座:お辞儀の実習はいつも行われています。
電話応対セミナー:模擬電話機を使って自分の電話応対を聞くことができます。
電話応対セミナー:模擬電話機を使って自分の電話応対を聞くことができます。